BIAS AMPのDesktop版とiOS版の違いについて

DTM

こんにちは

前回、BIAS AMPのDesktop版について振り返ったのですが、iOS版についても、少し触れておこうかなと思います!

こちらはiPad版のBIAS AMP 2の画像です。

見てわかるとおり、Desktop版とiOS版は基本的に同じで、大きな違いはありません。ToneCloudでのアンプの共有も可能です!

では、何が違うのか、これから説明していきます。

iOS版では調整時に右上のように細かい数値が表示されます。具体的な数値で決めたいときに便利です!

EQにはアナライザーがついてません。が、それが以外は同じなので特に問題ないと思います!

ちなみに、グライコは要課金です。後ほどまた解説します。

ちなみに、キャビネットの項目にIR Loaderはありませんが・・・

ToneCloudでIRを使ったアンプをインストールすれば使用可能です。iOS本体からIRの読み込みはできないので注意してください。また、書いてある通り他のキャビを選択してしまうと戻れないので、セーブを忘れずに!

上部のアンプマークをタップすると、BIAS AMPのアンプをBIAS FXやJamUpで開くことができます。また、一度タップするとアンプマークの右にショートカットとして設定され、すぐに開くことが可能です。これは後で変更可能です。

iOS版にもAMP MATCHはありますが、オンオフしかできません。処理能力の問題でしょうか。そのためリマッチしたり、新しくプリセットの設定もできません。

しかし、きちんと音は反映されるので、Desktop版でギターのリマッチ等をしてからToneCloudで移すとおすすめです!

少し重要なのが、iOS版では課金によって機能がアンロックされます。そのため、Desktop版で作ったアンプに解除されていない要素が含まれていた場合、iOS版で使うことはできません。

例えば、PREAMPをGLASSYに設定したアンプをToneCloudでiOS版にダウンロードしようとしても、Glassy Amp Packを購入していない場合、使うことはできません。先ほどのグライコも同様です。注意しましょう!

また、iOS版独自の設定が追加されています。Input Channelは使っているインターフェースに合わせてください。Knob Gestureでツマミの動かし方を設定できます。Run in Backgroundでバックグラウンドで動作するか。Latencyはオンにしておくとレイテンシーが減ります。

まとめ

  • iOS版では調整時に数値が表示される。
  • パライコでアナライザーは使えない。
  • AMP MATCHはオンオフしかできない。
  • IR LoaderはToneCloud経由でしか使えない。
  • 課金で機能アンロック。
  • iOS独自の設定がある。

違いとしては以上のようになります。AMP MATCHやIR Loaderは流石にDesktop版で…という感じですね!あと少し注意が必要なのが課金ぐらいです。

最低限BIAS AMP 2.0のアンロックはしておいたほうがいいと思います!これだけで更に音がよくなるので…。あとは必要に応じて課金するとよいと思います。

そりでは!

タイトルとURLをコピーしました