モダンメタルなバスドラムの音作り!

こんにちは。

とりあえず何か記事を書いてみようかな~と思い、思い浮かんだのがドラムのミキシング。

というわけで、2010年代のモダンメタルなバスドラムのミキシングについて書いていこうと思います!

参考にしたのはこの辺。

Mixing Metal Kick – EQ and Compression Tutorial
Mixing Tight Metal Kick Drum [Kick Black SSD]

一個目のHardcore Music Studioさんのチャンネルはとても参考になるので個人的におすすめ。

使うのはフリーvstで有名なDrummic’a。Sennheiser製。金がない庶民の味方。無料とは思えないほどイイモノなのでおすすめです。インストールが少しめんどいけど・・・。

Drummic’aについてはまた別の記事で書こうと思います。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/338449429″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

何もせずに適当に打ち込んでみたもの。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/337669327″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

調整後がこちら。だいぶモダンになったかと思います。早速見ていきましょう。

Drummic’aではバスドラムの中と外の二か所でマイクを立ててます。この二つを上手く組み合わせていきます。

中はe 901、外はTLM 170 Rと、それぞれマイクを変更します。この組み合わせが一番それっぽくなる気がします。まあお好みで。

まず中のEQから。

バスの低音をしっかり出すために60Hzあたりをブースト。逆にベース、ギターと被る200~300、700~900Hzあたりをカット。このへんはカットしすぎると迫力がなくなるので注意。最後に7~8kHzあたりをブーストするとペチペチ感がでます。あげすぎると・・・。お好みで調整してください。

TRANS DESIGNER、COMPRESSORはこんな感じ。Drummic’aのもともとのプリセットのMETALの設定を流用しています。

TRANS DESIGNERは正直あんまよくわからんので使っても使わなくても・・・という感じ。そのうち調べておきたいと思います。アタック音がしっかり感じられればOK。

音はこんな感じ。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/338537589″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

次は外、リアの設定。

EQは中の補正、上乗せという感じなので高音を主にブーストしてペチペチ感を強めます。

こちらもまた流用。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/338537652″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

ペチペチ音だけという感じです。

この二つを合わせると・・・

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/338537675″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

それっぽくなったのではないでしょうか。

ベロシティーは110~120らへんにしています。参考になれば幸いです。

次はスネアについて書いてみようと思います。

そりでは!

タイトルとURLをコピーしました